2010年10月15日

イベント準備日記8

こんばんわ、イベント局1年の四方です。




最近は暖かい日が続いていますが、周りには風邪をこじらせる人がちらほらいます。


僕も花粉症かつ風邪をひきやすく1年のうち6ヶ月はマスクを着けています。
今年は絶対引きたくないです。


皆さんも体調管理には注意しましょう!





10月31日に催されるチャリティイベント、LAUGH&PEACEの話題ですが、



僕が所属するステージ流れ班は台本作りの段階に入っています。


1年生は初めてのイベントで、2,3年生に頼りっぱなしですが当日イベントが


スムーズに進行できるように計画を練っています。




今まではイベントを見る側でしたが、いざ作る側になると


かなり細かい点まで計算しなければいけないことがわかり難しさを実感しています。


楽しくて、↓こんな笑顔になれて、そして考えさせられるイベントを作れたらと思います。




horrriiii.JPG







============================================

現在SALではイベントと並行してツイッタ―にてハッシュタグ募金を行っています。

#lpsalのタグをつけてテーマに沿ったつぶやきをしていただくと、

1ツイートに付き、1円がアフリカへ食糧支援を行っているNPO Table for Twoに寄付されます。

少しずつですが手元から国際協力ができるのは魅力あることだと思います。

ご協力お願い致します!



posted by S.A.L. at 02:56 | Comment(0) | お知らせ,イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

イベント準備日記7

こんばんは!
S.A.Lイベント局2年の小池希実です。

今月31日に行われるチャリティイベント、LAUGH&PEACEに向けて着々と準備が進み、
イベント局からお伝えしている準備日記も今日で7回目となりました。
そんな中今日は、出展班から準備状況をお伝えしたいと思います!


今回のチャリティイベントでは、私たちS.A.Lだけでなく、
国際協力活動を行っている他の学生団体の方々からも、
来場者のみなさんに国際問題を啓発するブースを設けています。

今回出展していただく学生団体さんは、

学生NPO法人うのあんいっちさん
学生団体SWITCHさん
国際協力団体FESTさん

の3団体です。

それぞれの詳しい活動内容は、LAUGH&PEACEに来てからのお楽しみですが、
どの団体さんも精力的に、個性的な国際協力活動を行っています!
ぜひ出展ブースにご期待ください!


さて、私がS.A.Lで活動をし始めて1年半ほどが経ち、最近強く感じるのは、
今回のイベントのように、他団体さんとの交流ができることが
学生団体の魅力であり、大きな楽しみであるということです。

9月中旬に参加したカンボジアスタディーツアーでも、
ツアー中お世話になったNGOのスタッフさんや、
ツアーの中で偶然知り合った、同じように国際協力活動をしている学生さんや社会人の方
と交流する機会がありました。

異国の地で一緒に食卓を囲み、
たわいもない会話をしつつ、お互いの活動内容や考えを話し合う時間は、
とても素敵で思い出に残る時間となりました。


私たち学生団体は、
自分たちの力だけでは、国際協力活動を行うことはできません。
協力してくださるたくさんの団体や企業の力によって
今回のようなイベントが行えるのだ、ということを再認識しました。

今後もたくさんの団体さんと交流し、協力し合って国際協力活動を行い、
世界中に笑顔を増やしていければ、と思います。

かものはし休み時間2.JPG



今月末31日に行われるチャリティイベント、LAUGH&PEACEは
ただ今たくさんの楽しいコンテンツを準備中です!
今年のハロウィンは、
みなさんも、楽しさから世界の食糧問題について考えてみませんか?

まだまだチケットの予約を受け付けています!
下記のアドレスからご予約ください!

http://form1.fc2.com/form/?id=592417






posted by S.A.L. at 23:00 | Comment(0) | お知らせ,イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

イベント準備日記6

はじめまして、S.A.L.1年、写真展班担当の永島由梨です。

さて今日は、今回のフェスで行う写真展が、
なんの写真展なのかをちょっぴり紹介しようと思います!


学生団体S.A.L.には、設立年から継続して行われているプロジェクトの1つとして、
[Focus on Myself] というプロジェクトがあります。


このプロジェクトの目的は、
1.現地の子供たちに自己表現の楽しさを知ってもらう
2.現地の子供たちに日本人の子供たちの撮った写真を見せて、違う点や共通点を見い出し、新たな発見をしてもらう

ことを目的としています。


次にこのプロジェクトの手順について。

S.A.L.では毎年スタディーツアーを行っています。

その旅のなかで、
1.現地の子供たち一人ずつにインスタントカメラを配る。
2.子供たちに[大切なもの][つらいこと][自分の国の紹介]という3つのテーマをもとに写真を撮ってきてもらう。
3.その被写体を選んだ理由などのインタビューを行なう。
4.日本の子供たちが撮った写真を見てもらい、感じたことを聞く。
という流れで、いままで日本、カンボジア、チベット、インドで行ってきました。


今回のイベントでは、
今年の夏に行ったインドでのFocus on Myselfの写真を中心に展示していこうと考えています。
P9130329.JPG

やんちゃで可愛い子供たちが、彼らにとっては新鮮なインスタントカメラで、
写真を撮ってきたのか気になりませんか?

イベント中ちょっと疲れたなー休憩したいなーと思ったら、

ぜひ2階の写真展に足を運んで、子供たちの撮ってきた写真に癒されてください♪
また、今回のイベントは事前にチケットを予約すると通常の価格より500円引きで購入出来ます。

興味のある方は、こちらからチケット予約を行って下さい^^
http://form1.fc2.com/form/?id=592417
posted by S.A.L. at 02:00 | Comment(0) | お知らせ,イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

イベント準備日記5

こんばんわ!
S.A.L.イベント局1年の川又友輔です。


日中はまだまだ暖かいですが、

昼夜の寒暖差にやられて風邪をひいてしまいました…。

皆様も体調管理には気をつけましょう!





さてさてイベント準備の進行状況ですが、

僕が属する【ステージ流れ班】は台本作りにとりかかっています。

この台本はイベント当日、MCの方たちに円滑にイベントを進めてもらうために作成しています。



なにせ一年生はイベントを作り上げる作業が初めてなので、

実際のイベントの流れを頭の中でうまくイメージできず、

台本作りには悪戦苦闘しています…。



さらに今回のイベントのコンセプトの一つに、

【楽しみながら食糧問題を知る】

というものがあるので、台本も面白いものにするよう頼まれ、

若干のプレッシャーを感じています苦笑。



とはいえ当日来場していただいた皆様の前で読み上げられる大事なものなので、

イベントの経験がある先輩たちに助言を受けながら、

責任をもってよりよい台本を書きあげたいと思います。




イベントとはまっったく関係ないことなのですが笑、

我が家のサボテンが花を咲かせました!

DSC01923.jpg

ここ数年花を咲かすことなんてなかったのに…今年の猛暑の影響もあったのでしょうか。

大変いびつな形をしたサボテンで、正直ちょっと気持ち悪いです。

でも咲いてるのを見つけたときに、僕は小さな幸せを感じました。

今度のイベントのメインコンセプトは【しあわせのおすそわけ】です。

サボテンはもちろん食糧問題とは関係のないことですが、

イベントではちょっと心が暖かくなるような、そんな小さな幸せのおすそわけができればいいなと思います。


***************************************************************************::
現在SALではイベントと並行してツイッタ―にてハッシュタグ募金を行っています。

#lpsalのタグをつけてテーマに沿ったつぶやきをしていただくと、

1ツイートに付き、1円がアフリカへ食糧支援を行っているNPO Table for Twoに寄付されます。

小さなことではありますが、身近なとこからの国際協力を考えてみませんか??

ご協力よろしくお願いします!
posted by S.A.L. at 22:04 | Comment(0) | お知らせ,イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

イベント準備日記4

こんにちは。
イベント局1年の鈴木友佳子です。

最近、暖かい日が続いていますね。





フェスの準備は着々と進んでいます。
そんな中、先週の土日に動画班合宿がありました。




オープニング、エンディング、パフォーマーの紹介ムービーなどを手分けして
当日までに作っていかなくてはいけません。




しかし!1年生は今回がはじめての動画づくりなので、
動画作成用のソフトの使い方を勉強するところからはじめています。




アドベ?アドビ?エフェクト?プール?
はじめは分からないことばかりだったのが、この動画合宿でかなり成長できたと思います。やったね!




でも覚えることが盛りだくさんで…
先輩方のような素敵な動画を作るまでには、まだまだ修行が必要そうです。



練習あるのみ!頑張ります。
みなさん、当日はぜひ動画にも注目してくださいね^^








ちなみに、伝統料理ブログも随時更新中です!
世界の伝統料理を先週から紹介しています。



イベント局の高田さんが今夜、カボチャプリンに挑戦するみたいです。
みなさんもレシピをチェックしてみてください☆
http://lpsal.seesaa.net/





フェスまであと27日!!
posted by S.A.L. at 14:53 | Comment(0) | お知らせ,イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

イベント準備日記3

こんにちは。イベント局2年の伊藤です。


今回のイベント「LAUGH&PEACE」まで一ヶ月を切りました。
早くイベント当日にならないかと待ち遠しい気持ちでいっぱいです。

今回、私は食品販売を担当しています。

SALでは、今までにLIVE&PIECEや赤レンガ写真展など様々なイベントを行って来ましたが、
食品の販売は今回の「LAUGH&PEACE」が初の試みとなります。


まず、食品販売会議でどの食品を販売するか話し合う所から始まりました。

みなさんがイベントに来て何を食べたいか、何が売っていたら買いたくなるか、またイベント中に食べやすいもの…と食品販売スタッフで試行錯誤しながら決定しました。

食品販売に関して全く知識がない時点からのスタートでしたが、その後も準備を進め、今やっと条件に合った業者が見つかった所です。


今後の進展もこのブログに載せるので、楽しみにしていて下さい。


皆さんにおいしい食品を届けられるように、イベント当日まで頑張っていきたいと思います。



イベント当日には、皆さん是非お腹を空かせて来て下さいね*



また、今回のイベントは事前にチケットを予約すると通常の価格より500円引きで購入出来ます。

興味のある方は、こちらからチケット予約を行って下さい^^
http://form1.fc2.com/form/?id=592417
posted by S.A.L. at 01:36 | Comment(0) | お知らせ,イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

MUJYUN

こんにちは。広報局の武井ヒロアキです。

季節はもうすっかり秋ですね。


体調管理が難しい時期ですが、皆さんお気をつけください。





さて、僕は9月にドキュメンタリーの撮影のためにカンボジアを訪れました。

そして、メインロケ地としてタサエンコミューンという地雷の多く残る地域で撮影を行いました。





実は、このタサエンを訪れるのは2度目で、前回に訪れたときに僕は大きな矛盾を感じずにはいられませんでした。



その矛盾とは、内戦時、敵同士だった兵士達がいまでは一緒に地雷除去活動に当たっているということです。


そして、彼らは笑いながら本当の友達として同じ時間をすごしているのです。




今回の撮影の大きな目的はこの矛盾を解消することでもありました。








そこで、ぼくは次のように聞いてみました。


「内戦当時敵だったヤツと同じチームで働くことに違和感はないのか?」






すると、デマイナーは、

「彼らも我々も、内戦当時はカンボジアを守るために戦ったことは同じだ。だから、今もカンボジアのために戦っている。何も変わらない。」




こう言われたとき、僕は内戦というものの複雑さをまったく理解していなかった、と反省させられました。


そうです。



カンボジア内戦は、普通の戦争とは違います。
第一次世界大戦でも、第二次世界大戦でも、敵は国の外にいました。




しかし、内戦は違います。

敵はすぐとなりにいるかもしれません。
同じ国民を敵として殺さなくてはなりません。


そのため、カンボジア内戦はその悲惨さえも類をみないほどにまで悪化したのかもしれません。





内戦とは「国を守りたい」という同じ目的のために、多くの人々が数々の正義を掲げて戦うことになります。


つまり、最終的な目的はみな同じなのです。
しかし、なにかの歯車が狂ってしまったために、彼らはぶつかってしまいました。






だからこそ、内戦が終わった今となっては、敵を敵として見る事はないのかもしれません。

もちろん、心の奥底では渦巻くものがあると思います。


しかし、「国を守りたい」、この意志が、今、彼らをひとつにしています。






カンボジアにはいまだ多くの地雷が残ります。
政府の目標では2020年に完全撤去としていますが、実際にどうなるかは予想もつきません。



しかし、いま、ひとつになりつつあるカンボジアに僕は大きな期待をしています。
posted by S.A.L. at 22:11 | Comment(7) | お知らせ,イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベント】10月31日 LAUGH&PEACE -こころに、世界に、おいしいひととき。-開催決定!!

=====================================================================
★学生団体S.A.L.主催 複合型チャリティ・イベント★

  【 LAUGH & PEACE-こころに、世界に、おいしいひととき‐】

    10月31日(日曜日)@麻布十番WAREHOUSE702
(都営大江戸線[麻布十番駅]7番出口 徒歩3秒)

OPEN:16:30
START:17:30

http://salsal.info/event/
=====================================================================

laugh and peace1.jpg


来る10月31日、学生団体S.A.L.が3度目のチャリティ・クラブイベントを開催!!

学生団体S.A.L.がハロウィーンにお送りする今回のイベントでは、
ライブや写真展、さまざまなブースといったコンテンツを通じ、
【食糧問題】を中心にフォーカスを当てていきます。

イベント・コンセプトは、【しあわせのおすそ分け】。

楽しみながら、笑いながら、食糧問題を知っていきませんか?
そして、救っていきませんか??


*本イベントの収益はTable For Twoに全額寄付され、
アフリカの恵まれない子ども達の給食費にあてられます。

*チケット予約はこちらから http://form1.fc2.com/form/?id=592417

=====================================================================
★CONTENTS★
=====================================================================
今回のイベントでは
【楽しむ】【食べる】【見つける】【魅入る】【考える】と言った
さまざまな充実したコンテンツを用意!!

ご来場された皆さんひとりひとりが、
それぞれのコンテンツを自分だけの方法で味わってください!!
=====================================================================

★【楽しむ】★

メイン・ステージでは抱腹絶倒のお笑いあり、
驚愕のマジックあり、興奮のダンスステージあり、
熱狂のライブありの濃密な時間になること請け合いです!!

[出演者]
マジック:shogo
ダンス:三田サブウェイラインズ
バンド:K.B.R. Society KALUA
芸人:ジャガモンド、プラスガンマ
ダブルダッチ:over thumpz


★【食べる】★

食販ブースでは世界のさまざまな伝統料理の販売や、
アフリカで提供されている学校給食の試食を提供予定!!
めったに食べることのできない食べ物を味わうチャンスです♪

また、学校給食は実際に現地で提供されている物と同じ物を提供します。
小さな繋がりから、食糧問題に対する興味を広げてみてください!!

また、食販ブースでの販売はすべて【Table for Twoメニュー】となっています。
みなさんが何かを食べれば、それがアフリカの給食支援に【直接繋がります!!】


★【見つける】★

国際協力の土壌で活動している3つの他団体と1つの特設ブースを設置!!
食糧問題だけではない幅広い種類の団体の活動から、
ぜひを皆さんなりの【きっかけ】を見つけてください!!

[ブース出展団体]
うのあんいっち
switch
FEST
特設ブース(ライフ・ストロー実演)


★【魅入る】★

Focus on myselfプロジェクト写真展では、
インドや日本、カンボジアの子ども達が撮影した3つのテーマの写真を展示します!

テーマは「たいせつなもの」「つらいこと」「自分の国の紹介」。

主人公である子どもたちが自分を表現します♪
さまざまな国々の【子どもたちだけの世界】を、ぜひご覧ください!!


★【考える】★

楽しく賑やかに過ごしながらも、食糧問題について「考える」コンテンツもしっかりと準備中!!

「食」に関するミニ動画の上映やプレゼンテーションなどを通して、
ご来場頂いた皆さんが参加しながら【何かしらの行動を起こせる】ようなきっかけを提供します!!


=====================================================================
★TICKET★
=====================================================================

チケットを予約していただくと、いまならなんと500円割引!!
お早目のご予約をお勧めします♪

学生:当日2000円 【予約1500円】
大人:当日2500円 【予約2000円】

チケット予約をご希望の方はこちらへ
http://form1.fc2.com/form/?id=592417

=====================================================================
★WEB CONTENTS★
=====================================================================

イベントと連動してWEBコンテンツも開催中!!ぜひご覧ください♪

★世界の伝統料理紹介ブログ
アンケートで1位に輝いた伝統料理は、なんと当日会場で無料配布予定!!
http://lpsal.seesaa.net/

★Twitter
ハッシュタグ募金を実施中。あなたのつぶやきが募金になる!
http://twitter.com/sal_keio/

=====================================================================
*本イベントの収益はTable For Twoに全額寄付され、
アフリカの恵まれない子ども達の給食費にあてられます。
=====================================================================

【ご協賛】
株式会社ジェイ・ブロード 
株式会社グローバルステージ 
株式会社留学ジャーナル 
株式会社ソウ・エクスペリエンス 
株式会社エイチ・アイ・エス 
株式会社オーシャナイズ

【ご協力】
NPO法人 TABLE FOR TWO(http://www.tablefor2.org
インドサンタナグループ(http://www.indiasantana.net/

=====================================================================
【学生団体S.A.L.とは】

今回のイベントを主催する学生団体S.A.L.は「学生が主体であること」を前提とし、
国際問題に関して理解を深め、啓発していくことを目的として2008年6月に立ち上げられた、
慶應義塾大学に本部を置く学生団体です。

HP: http://salsal.info/

【TABLE FOR TWOとは】
先進国の私たちと開発途上国の子どもたちが、時間と空間を越え食事を分かち合うというコンセプトで
2007年の秋に設立された団体です。対象となる定食や食品をご購入いただくと、1食につき20円の寄付金が、
table for twoを通じて開発途上国の子どもの学校給食になるというプログラムを実施しています。

HP: http://www.tablefor2.org
=====================================================================
posted by S.A.L. at 22:00 | Comment(0) | お知らせ,イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

イベント準備日記2

どうもこんにちは。
来る10月31日のイベント「LAUGH&PEACE」のステージ担当をしている重田です。
イベントまでちょうど1カ月ですね。
ハロウィンの頃には秋も深まっていることでしょうか。




ステージはダンスチーム、バンド、マジシャン、学生芸人、ダブルダッチのパフォーマーが出揃い、本番に向けて打ち合わせが進んでいます。


これだけ多くの方にイベントの趣旨にご賛同いただき、無償でご出演いただけるというのはありがたい限りです。
S.A.L.としても3度目のライブイベントとなるので、いつまでもパフォーマーの力に頼り切りではなく、いかにパフォーマーのみなさんの魅力を前面に押し出すのかという構想を練っています。




今回ご出演いただくK.B.R. Society KALUA(通称カルア)さんは慶應学内のバンドサークルなのですが、S.A.L.創設以来3度のクラブイベントにフル出場ということで、S.A.L.の活動理念にはご理解いただいていると思います。これも大変うれしいことと思います。

多くの人に応援していただいている限り、ステージ準備も抜かりなくやっていきたいと思います。




歌って!踊って!笑って!跳ねて!
若い力が結集する今イベントのステージは大盛り上がり間違いなし!!

これからイベント当日まで準備の様子を綴っていくので目を通してやってください!





それでは熱狂のステージに乞うご期待!






P.S.

現在SALではイベントと並行してツイッタ―にてハッシュタグ募金を行っています。
#lpsalのタグをつけてテーマに沿ったつぶやきをしていただくと、1ツイートに付き、1円がアフリカへ食糧支援を行っているNPO Table for Twoに寄付されます。
少額ではありますが、寄付しながら食糧問題について色々と思いをめぐらせてみませんか?

ご協力いただいている皆様に心から御礼申し上げます。
posted by S.A.L. at 00:25 | Comment(0) | お知らせ,イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

イベント準備日記1

こんばんは。
イベント局3年の神田桃子です。

突然ですが、みなさんハロウィンの予定はもうお決まりですか?
ハロウィンの夜に今までの活動の集大成として、複合型国際協力イベント【LAUGH & PEACE-こころに、世界に、おいしいひととき‐】を開催いたします!
今回のテーマは「世界の食糧問題」です。

イベントまで約1か月。
一丸となり準備を進めておりますので、ぜひお越しください。

詳細はこちら♪
――――――――――――――――――――――――――――

学生団体S.A.L.がハロウィーンにお送りする複合型国際協力イベント。

学生団体S.A.L.第3弾となる今回のイベントでは、
ライブや写真展、さまざまなブースを通じて 「食糧問題」にフォーカスを当てて世界に目を向けていきます。

コンセプトは、【しあわせのおすそ分け。】

楽しみながら、笑いながら、食糧問題を知っていきませんか?そして、救っていきませんか?

◎魅入る◎

イベント内容は抱腹絶倒の【お笑い】あり、
驚愕の【マジック】あり、
興奮の【ダンスステージ】あり、
熱狂の【ライブ】ありの濃密な時間になること請け合い!!

◎参加する◎

みなさんが一体となって作りあげるコンテンツも現在準備中!
楽しみながら、そして笑いながら参加できる企画に乞うご期待!

◎考える◎

楽しく賑やかに過ごしながらも、食糧問題について考えるきっかけを提示します!


*本イベントの収益はTABLE FOR TWOに全額寄付され、アフリカの恵まれない子供達の給食費にあてられます。
*さまざまなパフォーマーによる素晴らしいステージ・ライブパフォーマンスの他にも、食販ブースでは世界のめずらしい料理やアフリカで配布されている給食を試食予定です。
また、カンボジアやインドの子どもたちの写真展示、国際協力を行っている他学生団体の出展など、盛り沢山のフロアになっています!


【LAUGH & PEACE-こころに、世界に、おいしいひととき‐】
2010年10月31日(日)
@warehouse(都営大江戸線[麻布十番駅]7番出口 徒歩3秒)
OPEN:16:30
START:17:30

●チケット予約●
学生:当日2000円 予約1500円
大人:当日2500円 予約2000円

チケット予約をご希望の方はこちらへ
http://form1.fc2.com/form/?id=592417

――――――――――――――――――――――――――――

また、今回は特別企画として、イベント限定ブログ【世界の伝統料理紹介ブログ】も同時に公開中です!

こちらではイベント当日に食べたい料理を皆さまに選んでいただき、
上位5位までに選ばれた料理をメンバーが実際に作ります。
その上で、さらに決選投票をしていただき、見事1位に輝いた料理をイベント当日に試食として配布する企画です。

さまざまな国のめずらしい、おいしい料理が目白押しですので、こちらも要チェック!

他にも、さまざまな企画が盛りだくさんです。
詳しくは次回以降の記事で。


ハロウィンの夜はぜひ麻布十番warehouseへ♪
メンバー一同お待ちしております。
posted by S.A.L. at 02:51 | Comment(1) | お知らせ,イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

タサエンでの生活日記

こんにちは。

2年生の武井という者です。

今年の4月からドキュメンタリー制作に取り組んでおります。



そのドキュメンタリーのメインになる地雷原での撮影を3日まえに終えました。

今日は撮影のロケ地であったタサエンでの生活のお話を少し。




タサエンはカンボジアのカムリエン群にあるタイ国境近くの6個の村が集まった集合村。
いわゆる”ウルルン”に出てきそうな、電気ガス水道といった生活インフラさえもままならない村。



僕たち撮影班はそこで5泊6日の生活を送ってきました。


そこにはJMASという自衛隊OBによって設立された団体が常駐しており、僕たちもそこにお邪魔させていただけることに。



でも、そこでの生活はまさに、自然と野生が全開でした。

朝はニワトリの鳴き声と共に5時30分に起床。6時から朝食。7時に朝礼。7時30分には地雷原へと繰り出します。

そして、地雷原は暑いです。とにかく暑いです。


でも、その酷暑のなか、デマイナー(地雷除去をする人)達は、野球の審判のようなプロテクターとアメフト選手のような頑丈なヘルメット、厚手の軍パン、ゴムの長靴といったユニフォームで作業に当たります。

熱中症で倒れてしまう方もいるみたいです。





僕たちも、その状況で撮影に夢中になっているうちに現地人と間違われるほどに肌が黒くなっていました。
日本に帰ったら、サーファーだと思われるかもしれません。



そして、地雷原での撮影を終えたあとは、村の方々にインタビュー。
タサエンには内戦時ポルポト軍に在籍していたかたが多くいます。

彼らの国を思う正義と信念には圧倒させられました。





そして、宿舎にもどると、溜めてある井戸水で行水をします。
最初は小学校の頃のプールを思い出したり、かなり抵抗がありましたが、慣れてしまえば一日の楽しみの1つになっていました。


そして、おいしいカンボジア料理とビールを飲み、日本語とパソコン教室に遊びにきた近所の子どもたちと楽しい夜を過ごします。あ、ヘビ鍋も食べました。


そして、22時には寝る準備を始めます。


寝床といっても床にゴザを敷いて、蚊帳を張っただけですが、一日の疲れた体を癒すには十分なクオリティーでした。



一日の取材を振り返っているうちに、夢の中に。


そして、また次の朝がやってくるのです。






最初は抵抗のあったこの生活も、慣れてしまえば、ここまで「普通」な生活はありません。
何も無理をせず、何もストレスに感じません。


本当の楽しいってこういうことかなと思う6日間でした。


最終日の朝は、すこし寂しい気持ちでみんなに別れを告げ、、タサエンのメインロードをガタガタ。


タサエンのメイロードをガタガタ。


タサエン、また行きます。


posted by S.A.L. at 17:37 | Comment(2) | お知らせ,イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

二律背反


自分は本当に世界の苦しんでいる人々のことを救おうとしているのか。

よくそんな気持ちに苛まれる。





遡ると自分がそういう人々のことを本気で考え始めたのは
高校3年の受験期に小論文を学び始めたのがきっかけだった。


学ぶ中で自分の汚い部分がみるみるうちに明らかになってくるのだ。


もちろん高校生の自分の生活には直接的に害悪を与えるような要因はなかった。


しかし、少し視野を広げると間接的に害悪を与えている様々な要因が見えてきたのだ。


そういう自分を変えようと自分はできる限るの範囲で頑張ってきた。


やはり食に見直す点は多かった。


My箸導入もハンバーガーや牛丼を食べなかったことも今では懐かしい(笑。





だが最近、生活は様変わりし今までやってきたことがガラガラと崩れていくのを感じる。


付き合いで食事に行き、毎回自分の決意を曲げる度に


「それでいいのか。それだけの思いだったのか。」と胸が締め付けられる思いになる。





みなさんにこのようなことはないでしょうか?


確かに自分は極端に深く考えすぎているのかもしれない。





しかし、全世界の総人口の5人に1人(12億人以上)が1日1ドル以下で生活し、


今こうしている中でも所謂世間一般で言われる弱者は1人また1人と亡くなっているのだ。


この世界の現状はどう考えてもおかしいのではないだろうか。


今日、そのような人々に比べると裕福な暮らしをしている


自分たち先進国の人々は何かしらの形であれ動いていくべきではないだろうか。


自分はそう思う。


だがこう言っている自分もまた、まだまだ動けていない人のうちの一人なのが現実だ。


現在の生活の楽しさや喜びと、ある程度の犠牲を払ってでも苦しんでいる人々のためにやろうとする気持ち、辛さ


そういうような『二律背反』の中で自分たちは生きているのではないだろうか。





その中でも活きる1人1人の小さな力が増えていくことが大切だと感じる。


そういう小さな力が集まれば多義的な広がりを可能にする大きな力となり


難題の解決に繋がっていくと信じたい。





そう思いながら今日も自分の行動をまた見直していこうと思う。



【文責 瀬谷健介】
posted by S.A.L. at 00:03 | Comment(19) | お知らせ,イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

意識しない、意識

突然ですが、皆さん「同性愛」についてどう思いますか?

「同性愛」
というと、何かいけないもののような気がしてしまう。
なんとなく触れたくない話題。

ジェンダー論という授業で初めてこの話題を扱ったとき、
そう感じました。

異性間の恋愛のみが正しいとする考え方を、ヘテロセクシズム(強制異性愛)といいます。
同性愛者に対して、ヘテロセクシズムにおいて「正常」とされる人々を異性愛者という言葉で表現します。

ここで問題なのは、正常を定義することが、正常ではないものの排除につながる、ということです。

私たちの社会のシステムは、ヘテロセクシズムです。
マジョリティである異性愛者が「ふつう」。
それに対してマイノリティである同性愛者は「ふつう」ではない。
ここから生まれる同性愛に対する嫌悪をホモフォビアといいます。

ヘテロセクシズムでは、女性は男性と対になること、つまり男性の権力下におかれることで評価されます。
女性に対する嫌悪をミソジニーといいますが、ここに男性優位の構図が見てとれませんか。

私は既婚・未婚で女性が評価される根源もここにあると思っています。
たとえば女性差別という歴史、あるいは現状を考えても、意識の下でヘテロセクシズムに支配されているのではないかな、と。

ジェンダーとは「社会的につくられた性別」のことで、「生物学的な性別」であるセックスと区別して使われます。ジェンダー論で議論されるのは、社会的な「マジョリティ」と「マイノリティ」における問題です。
上に書いてきたような性別や、人種、障害の有無などの「マイノリティ」に対する排除思考がいかに多く、そして正当化されてきたのか。ジェンダーを通して考えたとき、見えてくるものがたくさんあります。

自分個人、自分の住む社会、国、世界を考えるとき
さまざまな問題がそこにあると思います。
今起きていること、昔起きたこと、これから起こること
状況や因果関係を把握したり分析したりすることは必要です。

でもその前に、
その背景にある意識、
それも潜在的な意識について考えることも必要なんじゃないだろうか。

そんなことを考えました。


【文責:清水希理】
posted by S.A.L. at 00:00 | Comment(16) | お知らせ,イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

フリーペーパー設置しています(^ω^)

こんにちは。ブログをご覧のみなさんはもうS.A.L.のフリーペーパーを手元にお持ちでしょうか?

まだ!という皆様は以下の場所に配布しておりますので、お近くのお店または学校に足を運んでいただければ幸いです(・ω・*)

●東急東横線沿い

Café Harvest(日吉)
映画館UPLINK(渋谷)  http://www.uplink.co.jp/top.php
フェアトレードショップぐらするーつ(渋谷)  http://grassroots.jp/
UPSTAIRS GALARRY(代官山)  http://www.mrfriendly.co.jp/gallery/
Monkey garally(代官山) http://www.superplanning.co.jp/monkey/
Rootote garally(代官山) http://www.superplanning.co.jp/rt_gallery/
Mr.friendly café(代官山) http://www.mrfriendly.co.jp/fr_net3/02_shop/index.html
ひよし屋(日吉)
ド・マーレ湘南 日吉店(日吉)
とらひげ(日吉)
CALENDAR CAFÉ(日吉)  http://calendarcafe.blogspot.com/
Papillon(日吉)  http://hiyoshi.planningcrew.com/
ステーキくいしんぼ 日吉浜銀通り店(日吉)
 

●湘南台

やっさいもっさい
Keys(慶應大学SFCキャンパス敷地内)
タブリエ(慶應大学SFCキャンパス敷地内)

●三田

紙飛行機 coffee&cake
JADE(bar)
Cadeau(standing bar)
Thc(sports & darts bar)  http://thctokyo.com/

●下北沢

Teng jelly   http://www.tengujelly-samuraiicecream.com/
North side café  http://www.northsidecafe.jp/
HACHI      http://www.k5.dion.ne.jp/~hachi8/
PALAZZO CAFÉ (sports cafe)
Café & dining asso
pebble
café&comic kiitos   http://www.comiccafe-kiitos.com/
GOPAL    http://www.heads-west.com/gopal.html
Café bar FREE FACTORY   http://www.a-works.gr.jp/freefactory/main


●その他

美容室broto(元町)
東京外国語大学

ぜひぜひお気軽にどうぞー♪
posted by S.A.L. at 23:49 | Comment(0) | お知らせ,イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

LIVE&PIACE 2nd 直前日記5

いよいよLIVE&PIACE 2nd、本番当日となりました!

スタッフ一同、直前準備やリハーサルに終われています。

イベントは

本日17時から開場
17時45分から開演です。

渋谷のCLUB ASIAにて開催。当日直接来られても入れますので、ぜひぜひお越しください!

詳細はこちら!→ http://bit.ly/9gnFEE


*


さて、今回テーマに設定したカンボジアにおける地雷問題は、様々な問題が複雑に絡まった結果の産物であり、まさにカンボジア負の遺産とも言えるものです。

そんな地雷問題を伝えるという行為は、簡単なものではありません。


たとえば地雷は、ひとつの兵器です。人を殺し、傷付けます。

地雷という兵器を伝えるためには、どうしてもショッキングな映像や写真を使うことを避けられません。やわらかく伝えると、それはリアルを伝え切れない。

ぼくらがぶち当たった、大きな問題のひとつです。


どういう伝え方をすれば、上から目線ではなく、親身にやわらかく、わかりやすく伝えることができるのでしょうか。やわらかいだけでは、伝え方が足りないのでしょうか。


僕らは慎重に議論を重ね、地雷問題の伝え方を吟味しました。


LIVE&PIACEは、あまり国際問題に興味のない人達のきっかけを生み出すことを目的にしたイベントです。楽しさというものを契機に、知って、考えてもらいたいというイベントです。


だから、知らせる時間というのは、とても重要な時間。


もちろんS.A.L.のメンバーは、楽しいコンテンツの充実にも力を注いでいます。しかし、しっかりと伝える時間を作り上げることという本来の目的は、決して失うことはありません。


カンボジアの地雷撤去作業を直接見て、感じた2人の2年生が語る地雷問題。

きっとその話は、観客の皆さんひとりひとりの心に、しっかりと刺さる力を持っているはずです。



LIVE&PIACE 2nd、あと5時間ではじまります。
開場でお待ちしています。


代表 はたちこうた
posted by S.A.L. at 12:41 | Comment(1) | お知らせ,イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

LIVE&PIECEU 準備日記4

こんにちは、お忘れの方も元々知らない方もお待ちかねイベント局3年星野直人です。






最近イベントについての更新が多いので分かるように、S.A.L.のライブイベント「LIVE&PIECEU〜ライブから繋がるカンボジア〜」が3日後に迫りました!!




みなさんに楽しんで国際問題について興味を持ってもらえるように、今日もメンバーは徹夜で作業している次第であります!!!




今回は、前回「LIVE&PIECE」の反省・今回「LIVE&PIECEU」の抱負について話したいと思います。






前回「LIVE&PIECE」では、231名のお客様にご来場していただき、154,032円ものお金をカンボジアに寄付することができました!!






僕個人の意見としては大成功だったと思うのですが、物事には完璧というものがないように反省点がたっくさんあったので、それらを改善していきたいと思っています。



例えば、集客目標人数の300人に届かなかったこと・開場でぐだってしまって終了時にもたついてしまったこと・カンボジア説明であるS.A.L.タイムが少し短く感じたこと等の反省点が挙がりました。



「LIVE&PIECEU」では、イベント日を金曜日から土曜日に変更することで学生さん方が開場ギリギリに来るということをなくし、スムーズに入場できるようにすることなどで、反省を克服しました!!!




「LIVE&PIECEU」の抱負としてはまず、

【リベンジ来場人数300人!!】

を目標にしたいと思います!!300人超えなかった場合は僕が責任を持って3カ月毎日腕立て伏せ100回します!!

やっぱり1カ月30回します



また、

【アンケートでの評価8割が良!!】

も目標にします!!みなさんに満足していただけるようにメンバー一同で努力してきました!!イベント終了まで油断しないでがんばって行きたいと思います!!


前回アンケートでいただいたご意見・ご感想を参考にみなさんに満足していただけるよう努力しているので、ぜひご来場ください!!!


24日にみなさまに会えることを楽しみに待っております!!


星野直人
posted by S.A.L. at 02:28 | Comment(0) | お知らせ,イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

LIVE&PIECE2 準備日記3

こんにちは。
イベント局3年小堀裕史です。
本番も1週間を切り、イベント局は最後の詰めで大忙しです。

さて、今回はイベントが近いということで楽しみにして下さっている皆様のためにも出演者紹介をしたいと思います。

まずは、

MC&お笑い;門出ピーチクパーチク

→K-PRO所属の学生芸人。ホーム・チーム、5番6番、アルコ&ピースなどテレビでお馴染みの芸人さんたちがでてるネタライブでトップバッターを勤めることもあるという強者です。
MCはイベントを進行していく上で非常に重要な役。きっと学生芸人ならではの楽しい進行をやってくださるでしょう。ネタにも期待です。


お笑い;お笑い道場O-keisシスタス
→MCの門出ピーチクパーチクさんと同じくお笑いをして下さるお笑い道場O-keisシスタス。
知る人ぞ知る慶應のお笑いサークルで、慶應の文化祭「三田祭」や数々の大会をくぐり抜けてきた彼らがどんなネタを披露するのか、期待しましょう。


ジャグリング;senjyu
→2007年度ジャグリング世界大会ジュニア部門優勝、若干17歳にして世界チャンピオンに輝くというもの凄い経歴の持ち主です笑
次々と繰り出されるディアボロの技、そして流れるような華麗な技で見る者を魅力するでしょう。


ダンス;Dancing crewJADE
慶應義塾大学のダンスサークルJADE。
慶應の学生だけでなくても知っている人は多いのではないでしょうか?彼らも年に多くの大会に出場しています。
今回はイベントのために忙しい中調整して頂きました!彼らのアツいダンスが会場を盛り上げてくれるハズ。


バンド;THEラブ人間
下北沢・渋谷などを中心に精力的にライブを繰り広げています。共感を呼ぶソウルフルな歌詞に信者急増中。ちなみにボーカルの金田さんは下北沢でよく銀杏Boyzの峯田に間違えられて声をかけられるそう、です。


バンド;K.B.R Society the KALUA
彼らが演奏する音楽は歌モノが中心で、主にAcid jazz、soul、R&Bなどを演奏しています。
アツい音楽、演奏で会場を盛り上げてくれることでしょう。


今回のイベントでは非常に多くのジャンルからたくさんのパフォーマーが出演してくれます。1日で多くのジャンルを見ることができ、そしてその1つ1つが非常にレベルが高いという見る人にとっては最高な場となるのではないでしょうか。

国際協力に対して興味がない人、あっても積極的になれない人。
最初はこのような魅力的なパフォーマー目当てでも全然かまいません。
イベントが終わった後に一人一人が少しでも国際協力、国際問題について関心を持ってくれるようになれば、収益だけでなくこのイベントを開催したもうひとつの意味が生まれてくると思っています。

話がそれてしまいましたが以上、LIVE&PIECE2の出演者紹介でした!!

ではイベント当日にお会いできることを心よりお待ちしております。

小堀裕史







posted by S.A.L. at 17:59 | Comment(0) | お知らせ,イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

LIVE&PIECEU 準備日記2

こんにちは、イベント局の伊藤由佳です。

4月24日(土)のイベントまで、あと1週間ほどとなりました!
イベントの準備も大詰めになってきています。


LIVE&PIECEUのフロアスペースでは、去年大盛況であったLIVE&PIECETの写真や成果報告、今回のイベントのテーマである「地雷」の写真やカンボジアの写真を見る事が出来ます。
少しでも多くの事をみなさんに伝えられるように、このような展示を設けたので、LIVE前後に是非見てくださいね。

また、去年と同様、物品販売も行います。
イベントでしか販売していない、様々なSALグッズを手に入れるチャンスです。こちらも是非チェックしてみて下さい。

そして、今回のLIVE&PIECEUに協賛頂いたアブロードジャパンさんのブースも設けています。
海外ボランティアやインターンシップに興味がある方、また今回のイベントで興味を持って下さった方などはブースにて様々なお話を伺う事が出来ますよ。みなさん、気軽にお立ち寄りください。
アブロードジャパンHP → http://www.projects-abroad.jp/


当日は、ステージだけでなく、フロアスペースにも是非注目して下さいね!



ここからは、私が実際「カンボジアの地雷原」へ行った時の事を少し、書きたいと思います。


カンボジアでは、今回のLIVE&PIECEUの支援先でもある、JMASさんにお世話になり、タサエンやバッタンバンで地雷原や地雷撤去を行った土地に作られた学校などを見学させて頂きました。

JMASは、日本の自衛隊のOBの方々の集まりのNGO団体です。現地住民に対して、地雷撤去作業訓練を行い、現地住民が自分たちの力で永続的に地雷撤去作業が出来るような環境を作っています。


デマイナー(地雷撤去を行う人)は、会社員のように土日休みであり、大体朝から15時過ぎくらいまで働いているそうです。


その現場を見学させて頂いたのですが、ものすごい暑さなのです。

その日の気温は45度もありました。

それでも現地の人々は「今日は風があるから、まだ良い方」と言うのです。

そんな極暑の中、私たちはデマイナー(地雷撤去を行う人)の方と同じように、プロテクターを付け、地雷原へと見学に行きます。

SANY0025.JPG

プロテクターをつけると、さらに暑いです。
15分くらいで立っているのが精一杯になります。

その暑さの中、デマイナーの方々はとても危険な作業をしなければなりません。彼らは、その作業を慎重に、そして黙々とこなしていくのです。

休憩時間があっても、冷たい水が飲めるわけでもなく(どんなに冷やしていっても、すぐに40度程のお湯になってしまいます)灼熱の中プロテクターを付けて淡々と危険な作業を行い、休憩時間には木陰で休む程度です。

私は余りの暑さと、デマイナーさんの仕事風景にただ唖然としてしまいました。



また、デマイナーの方々は、想像以上に若く、女性の方も多いのです。

私が初めてデマイナーの存在を知った時は、「青年男性や軍隊の経験がある人」が行っているのだろうと思っていました。

しかし、実際は私たちと同じ年くらいの若い女の子たちがたくさんいます。

女の人もいる、とは聞いていたのですが、ここまで若い子たちがいるとは思っていませんでした。

休憩時間やお昼休みの彼女たちは、日本の若者たちとなんら変わりありません。日焼けを気にしたり、お弁当の中身を交換したり、と楽しそうに話をしていました。
まるで、中学校のお昼休みのようです。

しかし、彼女たちは休憩が終わるとまた黙々と地雷撤去作業をこなしていくのです。



カンボジアの地雷原では他にも驚かされる事ばかりでした。
地雷について勉強をして、初めてカンボジアの地雷原を訪れて、気づいた事、知れた事はたくさんあります。

それを、今回のイベントで少しでも伝えられたらいいなと思っています。
日本では中々見る事が出来ない地雷処理の映像なども見れるので、4月24日(土)のイベント、是非来て下さいね!
posted by S.A.L. at 23:56 | Comment(0) | お知らせ,イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

LIVE&PIECE準備日記1

こんにちは!
お久しぶりです、イベント局の森香梨子です。

最近暖かくなって、桜もやっと安心して咲いているような気がします。

大学はオリエン期間中で、今日は沢山新入生がS.A.Lの会議の見学に来てくれました!
沢山あるサークルの中から自分にあったものを見つけ出すのは大変な作業ですよね;
大学生活を左右すると言っても良いサークル選びは新入生にとって一大事です(´・ω・`)!
私も2年前は本当に悩みました…
色々回って、びびっと来るものを見つけてほしいです!
そこで、S.A.L.を選んでもらえたら嬉しい限りですね( ´艸`)


さてさて恒例の、イベ局準備日記の季節がやってきました(*^_^*)!!

現在イベント局では、4/24(土)のLIVE&PIECE 2nd の準備の真っ最中です!!
LIVE&PIECEとは、昨年6月にS.A.L.初の単独イベントとして、渋谷のclub asiaで行ったチャリティーライブのことです。前回はアカペラチームのジュブナイルさんや、フリースタイルフットボールのstylersさんなどの出演者の方々の協力を得ることが出来ました。またチケットの収益金で、カンボジアに井戸を3基設営、そしてスラム街のゴミ問題改善のための資金寄付をすることが出来ました!


今回はそんな大盛況だったLIVE&PIECEの第2弾!!

今年はカンボジアの地雷問題にフォーカスしています。


人に何かを伝えたくても、それを本当に自分がよく知っていなかったら、何も伝えられない。


そのような考えの下、今年の3月に部員がカンボジアの地雷原を訪れ、実際に地雷撤去作業の様子をその目で確認してきました。


部員達が何を見て、何を感じたのか、

イベントの中で、世界の「りある」を伝える、そんな時間も用意しています。


それと同時に、もちろんハイレベルなパフォーマーの皆さんのステージも用意しています!

先日、全ての出演者の渉外作業が終了致しました!私たちも本当に本当に一安心です( ´∀`)


どのようなパフォーマーか出演するのかは、また後々紹介していきたいと思いますのでお楽しみに!!
今年も去年に勝るとも劣らない、素敵なパフォーマーの皆さんが揃いました。


これからまたLIVE&PIECEの色々な情報をお伝えしていきたいと思います!
場所、時間などの詳しい開催情報は、3月23日のブログ記事をご覧下さい。
興味を持ってくださった方は、下記の団体アドレスにご連絡ください♪

****************************************************************

チケット予約
sal.officialinfo@gmail.com
本文にカタカナでお名前とご希望枚数を記載の上ご連絡ください。

***************************************************************


では、今日はこのあたりで。。。(*^_^*)
posted by S.A.L. at 23:39 | Comment(0) | お知らせ,イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

ベトナム女性の美しさ

DSC_0713.JPG

みなさん、こんばんは。
武井ヒロアキです。

僕は今、ベトナムのホーチミンにいます。
もう丸4日も過ごしたのかと思うと驚きです。




さて、真面目な話をひとつ「ベトナム女性の美しさ」について。



ホーチミンに到着後、マーケットを歩いていて友人がポツリと言いました。

「ベトナムの女の人ってきれいな人多くね?」

言われてみれば確かに。
単純に「きれいな女性」が多そうだ。

過去にベトナムを襲った多くの侵略者たちもベトナム女性の美しさには一様に舌を巻いたそうだ。


でも、ベトナム女性はきれいなだけではない。


マーケットを歩いていても、ホテルのなかでも、コンビニでも、マッサージ店でも、どこでも、お金の管理は女性が行う。

というか、女性しか働いていないのではないか。

男性はというと公園でお昼寝かボードゲームに熱中している。
またはタバコを吹かしているばかりだ。





プノンペン行きのバスを予約するために、友人のおかげで2時間近く歩いた帰り道、公園からなにやら奇妙な音楽が聞こえる。

どこか丸みを帯びた音楽が聞こえてくる。

何だ。

ベトナム女性のダンスだ。腰を振り。腕を振り回す。
エクササイズと呼ぶにはいささかお粗末さが伺えるが、女性たちは力強く音楽に身をまかせる。


とどのつまり、

ベトナムの女性はとても強い。
いろんな意味で、強さがにじみ出ている。

もともと農業国であったベトナムでは儒教的な発想が強い一方で、
「カカア天下」という状況も強いそうだ。

ベトナムのことわざに「王の法律も垣根まで」というのがあるが、
垣根のなかでは男ではなく
鶴の一声ならぬ、カカアの一声
が響くのだろう。


美しさと強さを兼ね備えて、一家をベトナムを支える(引っ張る)女性たち。

僕の友人もなかなかいい目を持っているのかも

そういえば、
昨日、僕に変なおもちゃをちゃっかり売りつけてきた少女も将来、
大きくカカアの一声を響かせるんだろうなー。
うん。きっとそうだ。



武井ヒロアキ
(筆者mixi日記より転記 一部変更点あり)
posted by S.A.L. at 19:09 | Comment(8) | お知らせ,イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。