2011年09月22日

鰯網で鯨捕る


皆さんは「鰯網で鯨捕る」ということわざを知っているだろうか?

鰯を捕ろうと張っていた網で、思いがけず鯨が捕れてしまうこと。

つまり意味としては、思いがけない収穫や幸運を得ること。


今回、私はカンボジアスタツアに参加したのだが、正直なところ鰯程度の獲物しか期待していなかった。

しかし結果的には鯨程も大きな獲物を捕まえることができた、とても実りのあるスタツアとなった。

以下その経緯を述べたいと思う。




私にはある悩みがあった。

それは、「将来的に国際問題と関わっていきたいが、どのように関わっていけばいいのかわからない」というもの。

普通に何かしらの企業に就職して、そこでなんとなく働いて・・・

という人生を歩みたくはない。

必ず何らかの形で国際問題と関わっていきたい。

しかしどのような形で関わればいいのかわからない。

SALで活動しながら、こんな悩みをずっと抱えて“いた”。


なぜ過去形なのかというと、今回のカンボジアスタツアで、ある発見があったからだ。

それは最終日に聞いた、NPO法人かものはしの共同代表 元木さんのお話でのこと。

団体の活動や理念など様々なお話をしていただいたが、私にある発見をもたらしたのは、人材コンサルタントの方がプロボノとして来てくれて、そのときにしてもらったアドバイスが大変役に立ったというお話。

先ほど述べたような悩みを抱えていた私は、このお話を聞いた瞬間に「これだ」と感じた。

私は、現地のNGOなどに就職して支援活動をするといったことにはいまいちピンときていなかった。

なぜだかわからないが、そこには自分だからできること、自分の価値を感じられること、そういったものが欠けている気がしてしまうのだ。

しかしプロボノとしてなら、企業に就職したとしても国際問題に関わることができ、しかもその仕事を活かすことができる。

さらに自分の仕事を活かせる分、自分への付加価値は高まる。

国際問題へのこのような関わり方を知ることができたのは私にとって大変大きな発見であった。



冒頭にも述べたように、正直に言って、今回のカンボジアスタツアにあまり期待していなかった。

アンコールワット見たいし、まだカンボジアには行ったことがないから・・・

程度の気持ちでしかいなかった。

しかし、悩みを抱えていた自分に進むべき道を指し示してくれる程大きな発見があった。


今回のスタツアは、まさに「鰯網で鯨捕る」ということわざ通りのものとなった。


渉外局2年 福田光
posted by S.A.L. at 12:36 | Comment(0) | 2011夏-カンボジアスタツア- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。